タトゥー除去の痛みをレビュー!ピコレーザーでの治療体験記(画像23枚)

タトゥーを消してみたいけど、痛みや費用が不安・・・

でも身近でタトゥーを消した人なんていないし・・・

なんて悩みを持っていませんか?

美容クリニックのホームページを見ても、実際に自分がどれくらいの費用で、どれくらい痛いのかはわからないですよね。

 

そのため、この記事ではタトゥー除去を体験した人から「痛み」「費用」「回数」などを具体的に聞いてきました。

この方(中田さん)は、なんと30ヵ所以上の美容クリニックで無料カウンセリングを受けてから治療を始めたそうです。ちゃんと探した結果、平均費用の半額以下の料金で治療ができたそうです。

また、ここではタトゥー除去をする前に知っておきたい3つの注意点も紹介します。

 

この記事を読んでいただければ、どれくらいの覚悟で除去治療にのぞめばいいのかがわかります。 また、タトゥー除去治療の注意点を知ることで不安を抱くことなく治療にのぞむことができるでしょう。

 

タトゥー除去の方法は5つ

タトゥーを消す方法は5つあります。

  1. レーザー
  2. 切除
  3. 削皮(剥削法)
  4. 植皮(皮膚移植)
  5. クリーム

そのうち4つが美容外科クリニックを利用するものです。最も人気なのは、1番目に紹介するレーザー治療です。

cocolomoブログ「タトゥー除去」より

 

治療方法の比較表

※料金については、「5cm×5cm」のタトゥーを除去する際の料金になっています。当社独自の調査に基づく平均値です。
 レーザー(ピコ)切除削皮植皮クリーム
費用(総額)2~10万円10~20万円20~40万円30~50万円1つで5000円
回数数回~10回ほど。
1ヶ月に1回の治療を複数回繰り返すのが一般的。
消えるまで続ける。
1回~数回1回ほど1回ほど1年~数年?
痛みレーザー機器や個人によるが、
「タトゥーを入れるときほどの痛さ」
(口コミより)
痛い(麻酔あり)?(麻酔あり)痛い(麻酔あり)なし
傷跡薄くだが残る縫い目が残るヤケドのような傷跡が残る2ヶ所に残る残らない
大きなタトウーX
小さなタトゥー

 

選んだのはレーザー治療(ピコレーザー)

今回インタビューした中田さんは、レーザー治療を選んだそうです。

選んだ理由を聞くと、

「調べると、ピコレーザーがコスパ的に一番良さそうだったから」

だそうです。中田さんは相当調べたのでしょう。ピコレーザーでの治療は、いま大人気の治療方法です。

ピコレーザーとは、レーザー治療に使われる機器の一種で、最新機器です。ピコレーザーが新たに発売されるまでは、YAGレーザーという機器が一般的でしたが、最近ではピコレーザーを導入するクリニックが増えています。

 

ピコレーザーのメリットは、

・痛みが少ない

・速く終わる

・色付きでも消しやすい

ということです。またレーザー治療は他の治療方法(切除や植皮)に比べて費用が安くなる傾向にあるため、いま人気のタトゥー除去方法なのです。

 

 

治療の経過画像

それでは、中田さんが実際に受けた治療の経過画像を紹介していきます。

 

治療を始める前

ーーーそれでは、治療の経過を教えてください

私のタトゥーは大きく、時間がかかりそうだったため、まずは試しに以下の画像の部分だけを消すことにしました。

↑この部分のタトゥーを消すために、美容クリニックをいくつか調べることに。それで、35ヵ所の美容クリニックへ行きました。全てのクリニックで無料カウンセリングを受けて、見積もりをだしてもらいました。

最終的に選んだのは、湘南美容クリニック(新宿)でした。

湘南美容クリニックを選んだ理由を、ざっくりお伝えしておくと、

  • タトゥー除去の料金が一番安かった
  • ピコレーザーでタトゥーを除去できる
  • 通いやすい位置にクリニックがあった
  • 大手クリニックだから安心感がある

といった感じです。

 

ちなみに、見積もりはこんな感じでした。

上の画像で紹介した「6cm × 2cm」のタトゥーを消す場合の見積書を出してもらった結果、治療にかかる費用すべて込みで、合計17万4971円になるとの事でした。

傷跡をキレイにするための薬や、お風呂上がりに塗って乾燥しないようにする軟膏、麻酔薬の代金も含まれていました。

ただ、私は傷跡をキレイにする薬と、麻酔は購入しませんでした。正直、傷跡に関してはあまり気にしていなかったのと、その薬も麻酔薬も高額だったからです。

 

結果的に、合計13万8960円になりました。

支払い方法は、現金、カード、医療ローンなどあったので、私はクレジットカードで一括で支払いを済ませました。

これで、申し込みは完了です!

 

治療中

1回目のレーザー治療

↑これがレーザー機器の「ピコレーザーです。

いよいよ、治療開始です。支払いを済ませてから10分後くらいで、看護師さんに案内されて治療室に行きました。

初めに保冷剤を渡されて、タトゥーの部分を冷やすように言われました。麻酔なしでお願いしていたので本来は麻酔をするのだと思いますが、アイスで冷やすことは出来るようです。

20分ほど経つと、医師の方が入ってきて、いよいよ開始です!

正直、とても緊張していました。一番の理由は「麻酔なし」にしたことです。

「安くなるから」と思って麻酔なしにしたものの、実際には不安でした。

医師の方が「それでは、始めます」と言うと、

「パチン、パチン」という音が響くとともに、タトゥーにレーザーが照射されていきました。

ただ、想像よりは痛くなかったというか。怖がりすぎていたせいかもしれませんが、それほど痛くなかったです。

 

そして、レーザー照射を始めてから、数分で終了しました。ほんの数分で終わってしまったので「もう終わったんですか?」と聞いてしまうほどでした。

終了後のタトゥー画像がこちら。

白くなっている部分が、レーザーを当てた部分です。

治療後の痛みもある人はいるそうですが、私はあまり感じませんでした。

治療が終わると、また看護師さんから保冷剤を渡され、冷やすように言われました。すごく優しく気遣ってくれて、とても感じの良い方でした。

20分ほど経つと、看護師さんが傷跡に軟膏を塗ってくれて、その上にパッドを貼ってくれて、治療が全て終わりました。

 

2回目のレーザー治療

2ヶ月ごとに治療をすることになっていたので、1回目の治療から2ヶ月経ったあと、2回目のレーザー治療をしてもらうために、またクリニックへ行きました。

2回目の治療前の画像はこんな感じです。

実はすでにちょっと消えていたんです!期待感が高まりながら、クリニックへ行ってきました。

2回目の治療も、1回目と同じように進んでいきました。ただ、なぜか2回目は1回目のレーザーよりも痛かった気がします。

 

治療終了後のタトゥーがこちら。

そして、以前と同じように保冷剤で冷やして、軟膏を塗るなどして、終了です。

ただ今回は、帰り道のあいだずっとズキズキとした痛みがありました。。。

ふつうに耐えられるくらいの痛みではあるのですが、1時間ほど続いたような気がします。

 

1週間後、様子見ということで診察に行ったときのタトゥーの画像がこんな感じです。問題ないといわれ、その日は数分で終わりました。

もう少しでかさぶたになって、それが取れるとまたタトゥーが薄くなりそうなので、期待大です。

 

3回目のレーザー治療

また2ヶ月後、3回目の治療です。

3回目の治療前の画像がこちら。

全体的に色が薄くなっていて、線や点で墨が入っている部分は、すでに消えかかっています。

プロが入れたタトゥーだから消えづらいと最初に言われたのですが、少しづつ消えているのはたしかです!

3回目も、2回目と同様にかなり痛かったので、「麻酔しておいたほうがよかったかも・・・」と思い始めました。。。

治療後すぐの画像は、ちょっとえぐい感じだったのでここでは載せませんが、その1週間後の状態が以下の画像です。

 

4回目のレーザー治療

また2ヶ月たったので4回目の治療へ行ってきました。

4回目からは、治療の手順はもう変わらないのでサクッと画像を載せていくだけにします。

普段どおりに、治療して、治療後のタトゥーの画像がこちら。

 

5回目のレーザー治療

4回目の照射が終わって2ヶ月、5回目です。

以下の画像は、4回目の治療前と、今回5回目の治療前のビフォーアフター画像です。

若干、薄くなっています。

 

今回の治療は、レーザー照射が2回ありました。1度レーザーを照射して、すこし時間をおいてからまた照射するというやり方です。

レーザー治療を何度か行うと、皮膚が強くなってきてしまったりするので、こういうことが行われるようです。また、レーザー治療には慣れてきたので2回やられてもそれほど負担にはなりませんでした。

 

治療が終わった後のタトゥーの画像がこちらです。

白い粉が拭き取られたあとです。ちなみに、レーザー照射して白い粉が出てくるのは、ちゃんとレーザーに対して皮膚が反応している証拠なので大丈夫です。ちょっと気持ち悪いですが。

 

6回目のレーザー治療

今回も、前回(5回目)の治療から2ヶ月でどれだけ変わったか見てみたいと思います。

こんな感じでした。

ついに、タトゥーの細い部分ではなくて塗りつぶされた部分が薄くなってきました。

この部分はなかなかしぶとくて全然薄くなってなかったのですが、ついに薄くなってきました。

 

今回の6回目の治療後がこちら。

今回、治療後に医師の先生から「何か質問とかありますか?」と聞かれたので、

「あと何回で消えますか?」と聞いてみたところ、

先生は「あと2~3回では消したいところですね。ただ、こればっかりはやってみないとわからないので、定期的にレーザー治療が受けられるように、傷はしっかりとケアしていってくださいね。」

とおっしゃっていました。たしかに、あと2~3回では消したいですね。でもホントに個人差があるみたいなので何とも言えません。

特に私の場合はプロの彫師が彫ったタトゥーだから消えづらいそうですので。

 

7回目のレーザー治療

6回目の治療が終わってから2ヶ月。タトゥーは以下の画像のような感じです。

しっかり薄くなってきています。

 

今回も、いつもどおりに治療を終えました。

治療後の画像はこちらです。

 

8回目のレーザー治療

7回目の治療が終わってから2ヶ月。タトゥーは以下の画像のような感じです。

だいぶ薄くなってきています。

今回の治療もいつもどおりに終えました。

写真を撮影し忘れてしまったので、今回は省略します。

 

9回目のレーザー治療

8回目の治療が終わってから2ヶ月。タトゥーは以下の画像のような感じです。

ちょっと撮影の問題上、右の画像のほうが明るくなっちゃっていてわかりづらいですが、ほんのすこしだけ、薄くなっています。今回はあまり違いがわからないですね。

 

ただ、9回目の今回の治療はちょっと変化がありました。湘南美容クリニックが最新ピコレーザー機器の「エンライトンⅢ」を導入したのです。

今回の治療ではこの「エンライトンⅢ」で治療してもらえました。

 

治療後のタトゥーの画像がこちらです。

良い感じに薄くなっていく予感がします。

 

治療前と治療後のビフォーアフター

中田さんは今も治療中とのことですが、ここで治療を始める前と、現在のタトゥーを見てみたいと思います。

【治療前】

 

【治療後】

 

こうして見ると、やはり薄くなっているなと感じますね。

 

どれくらいの痛みだった?

タトゥーの除去を考えている人の一番の不安は、「どれくらい痛いのかわからない、怖い」ということでしょう。

中田さんが詳しく話してくれました。

タトゥー除去のピコレーザーの痛みはというと、正直想像していたよりは全然痛くありませんでした。

どんな痛みか例えるなら、「タトゥーを入れた時の痛みの感じと似てる」と思いました。

レーザー治療は、輪ゴムで皮膚を弾くような痛みだと良く言われますが、そういった痛みとはチョット違い、タトゥー(刺青)を入れた人ならよく知っている、細い針を皮膚に刺し、なぞっていくようなあの痛みに似ていました。

痛みの感じ方は人それぞれ違うと思いますが、「タトゥーを入れた時の痛みには余裕で耐えれた」という人は、麻酔なしでも大丈夫ではないかと思います。(私個人の意見です)

ただ、タトゥーを除去する範囲が大きければ、そのぶん痛みは長い時間続くので、「タトゥーを入れた時のような痛みが長時間続くなんて、まっぴらごめん!」という人は、麻酔をした方が無難だと思います。

と、おっしゃっていました。

ただ、他の方から聞くと、「入れたときよりも、もっと痛かった」という方も少なくありません。おそらく中田さんはかなり痛みに強いほうだと思いますので、基本的には麻酔をするほうが良いでしょう。

 

かかった期間・回数

中田さんの場合は、9回でだいぶ薄くなっていますのであと1~3回くらいなのでしょうか?

それを2ヶ月に1度のスペースでやっていますので、

・10回ほど

・2年ほど

が大体の期間と回数です。

 

費用の総額

費用は、はじめに支払ったように、13万8960円でした。

最初に支払うときに「3年間無制限にレーザー照射が可能」というプランに入っているため、治療が長引いても、3年までなら追加料金が発生しないようになっています。

 

治療する前に必ず知っておくべき3つの注意点

それでは最後に、タトゥー除去の治療を行う前に必ず知っておくべき3つの注意点を紹介します。

1.レーザー治療はメリットが多いが、時間がかかる

レーザー治療(とくにピコレーザー)にはメリットが多いです。比較的安い、痛みが少ない、など、身体的・経済的負担が少ないことです。

ただし、時間がかかります。

今回の中田さんのケースでは湘南美容クリニックの「3年間無制限プラン」で分かったように、3年間もかかるかもしれないのです。

「急ぎで消したい」という人は、別の治療法を提案してもらったほうが良いでしょう。

 

 

2.クリニックによって費用がぜんぜん違う。いくつか回ってみるべき

今回、中田さんに聞いて非常に驚いたことがあります。それは、提示された額の平均が30万だったことです。

中田さんは湘南美容クリニックで13万ほどでしたので、2倍以上も差があるということです。

もちろん「必ずしも安いから良いのか」というと違いますが、ここまで値段の差があるなら色々なクリニックを見て回ったほうが良いということになります。

湘南美容クリニックの公式サイトを見る 

 

3.麻酔はすべき

中田さんは「タトゥーを入れたときと同じ」とも言っていましたが、感じ方は人それぞれです。よくわからないのにもかかわらず麻酔をしないのはちょっと危険かなと、筆者としては思ってしまいます。

 

しかも2万円程度のものなので、どんどん麻酔はしていったほうが良いかと思います。医師の方で麻酔をしないほうがいいという人は1人もいないでしょうから。

すごくお金に困っているというのでない限りは、麻酔をすることをおすすめします。(麻酔をしても痛い、という声もあるほどです。)

 

まとめ

今回の記事の内容をまとめます。

・費用は6cm × 2cmで13万円麻酔込みで15万円

・痛みは「タトゥーを入れたときくらい

・レーザー治療は時間がかかる

複数のクリニックでカウンセリングを受けるべき

麻酔はすべき

といった内容でした。ぜひ参考にしてください。

 

湘南美容クリニックの公式サイトを見る 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です