ファンデーションでタトゥーを消す・隠す方法!2つの人気商品を紹介。

タトゥーを一時的にでも消したい・隠したい場合ってありますよね。

もっとも多いのが、温泉やプールなどの公共施設を利用するときでしょう。

そんなときに役立つのが、タトゥーを隠すために作られたファンデーションや、テープ・シールなどです。

この記事では、タトゥーを隠すのにおすすめのファンデーションの商品を口コミとともに紹介していきます。読んでいただければ、あなたのタトゥーを隠すのにピッタリの商品が見つかるでしょう。

 

タトゥーを隠すファンデーション、2つの種類

タトゥーを隠せるファンデーションは、以下の2つの種類のものがおすすめです。

  1. ファンデーションテープ(シール)
  2. クリーム状(防水)

です。

ファンデーションテープ(シール)は、使いやすいですし、ぬれても基本的には大丈夫なので一番とっつきやすいでしょう。

クリーム状のファンデーションもよいのですが、防水かどうかはチェックしておきたいところです。なぜなら、防水でなければ温泉やプールではまったく使えないからです。隠したいときに使えないのでは意味がありません。

また、当然ですが粉状のファンデーションはおすすめできません。水で落ちてしまう可能性もありますし、たとえ防水だとしても「タトゥーを隠せる」という文言が入っていないものはやめておいたほうが良いでしょう。

 

ファンデーションテープ(シール)のおすすめ商品・口コミ

引用元:http://hadakakushi.jp

もっともオススメなのは、タトゥーを隠せるテープ(シール)です。

貼るだけでいいのでカンタン・お手軽です。さらにビニールのような素材なので、ほぼ完全防水です。

また、テープ型が良いのは「服につかない」ことです。下で紹介するクリーム状のファンデーションでは、クリームをつけてから服を着ると、その服にクリームがついてしまいます

 

そんなテープ型の商品は有名なものが2つあります。

肌かくしーと」と「ファンデーションテープ」という名前の商品です。

 

「肌かくしーと」

肌かくしーとは定番・人気のタトゥー隠しシールです。その特徴は、

  • 0.02mm
  • 防水
  • 1週間も使える

といったことです。体験レビュー記事もつくりましたのでぜひ読んでみてください。

>> タトゥーを隠すシール「肌かくしーと」の体験レビュー!本当に隠せる?

 

肌かくしーとの口コミを紹介します。

温泉旅行へ行くので購入。色で迷いましたが、ナチュラルでぴったりでした。(肌の色は一般的な普通肌です。)温泉に入っている時間貼っていて、痒くなったり肌荒れすることはなかったです。すぐに届いたので助かりました。

引用元:Amazon

 

スパ付きのリゾートホテルに宿泊するのに、使用しました。
タトゥーの色は濃い色でしたが、ざっくりカバーできました。
他のお客さんの目も気にすることなく、お風呂を満喫出来ました。
肌が弱いので、剥した後は少し赤くかぶれてしまいましたが、タトゥーを気にせずお風呂に入れて助かりました。

引用元:Amazon

 

肌かくしーと、いかがでしょうか。公式サイトではキャンペーン中で安く買えるので、ぜひ以下のリンクから詳しくみてみてください。

肌かくしーとの公式サイトはこちら

↓肌かくしーとをAmazonで見るならこちら(Amazonではキャンペーンは適用されず、公式サイトと比べて値段が高くなります)↓

Amazon┃<大判サイズ>肌かくしーと【日本製】【極うす0.02mm】【水に強い】【水不要で貼れる】【パッチテスト済み】【ホルムアルデヒド試験クリア】 肌かくしーと

 

「ファンデーションテープ」

ログインマイライフ社が販売している「ファンデーションテープ」という、ストレートな名前の商品ですが、こちらも↑の「肌かくしーと」と同じように評判のいい商品です。

「肌かくしーと」に比べて、特徴や違いなどは特にありません。少し値段が高めなことくらいです。そのため、選ぶときは自分の肌の色に合うか合わないかで選ぶとよいでしょう。

このファンデーションテープのほうが肌の色に合いそうならこちらを選びましょう

↓Amazonで見られます↓

Amazon┃ファンデーションテープ/タトゥー隠しシール(選べる4色3サイズ)

 

クリーム状(防水)のおすすめ商品・口コミ

クリーム状ファンデーション(コンシーラー)の良いところは自分のタトゥーの形に合わせられることでしょう。タトゥーのサイズが大きければそのぶん塗ればいいだけですから。

クリーム状でかつ防水のファンデーションはあまり多くありませんが、タトゥー隠し用の「カクシーラー」というコンシーラーとして販売されている商品を見つけましたので、紹介します。

 

「カクシーラー」

「カクシーラー」は、タトゥー専用というわけではありませんが、強力で「しみ、あざ、タトゥーまで隠せる」ことをウリにしている商品です。

スティック型で、使い方は普通に塗るだけです。

ただ、タトゥー隠し専門で作られていないため、口コミ・レビューをみると濃いタトゥーは消えないようです。

以下、実際の口コミを紹介していきます。

信じられないくらい消えない

化粧は得意な方だけどどう試行錯誤してもきえなかった..

引用元:Amazon

 

タトゥーは隠れません。厚く塗ったら消えますが、服には確実につきます。
肌とコンシーラーを馴染ませる為に少しでもぼかそうものなら、タトゥーは浮き出ます。

同じくらいの値段なら、マーシュフィールドにしておけば良かったと残念です。

引用元:Amazon

 

いろんなコンシーラーを使いましたがこのカクシーラーが一番カバー力がいいしスティックなので使いやくもう2年くらい、ずっと使ってます。なくなったらまた購入したいのでずっと販売して欲しいです

引用元:Amazon

上記3つの口コミをみると、「タトゥーにはあまり効果がない」ような気がしてしまいますね。厳しいレビューが多いです。

このように口コミをみると、タトゥーの形が普通だったり、小さかったりする人は、テープかシールを選ぶべきと言えます。

しかし、テープやシールでは対応できなような「大きな」「珍しい形」であれば、カクシーラーなどのコンシーラー系で対応するしかなさそうです。

 

↓Amazonで見られます↓

Amazon┃プロイデア カクシーラーEX ナチュラル

 

タトゥーを本当に消したいなら、美容クリニック

これまではタトゥーを一時的に隠す方法を紹介してきましたが、やはり完全に消すことはできません。

完全に消すためには、美容クリニックでの治療が必要です。

もちろん、それでも「完全に」消えるかどうかはわかりませんが、気にならない程度にするのであればだいたいの場合、可能です。

なぜ美容クリニックをすすめるかというと、それがもっとも安全で確実に、さらい早く消す方法だからです。

たとえば、美容クリニックでタトゥーを除去するとしたら、4つの方法のどれかになります。

  1. レーザー
  2. 切除
  3. 削皮(さくひ)
  4. 植皮(しょくひ)

この中でもっとも人気なのはレーザー治療です。傷跡がのこりにくかったり、他に比べると安い傾向にもあります。それぞれの治療方法については、以下の記事で解説しています。

>> タトゥー除去の全て┃5つの方法とその費用を比較!【体験談・口コミあり】

 

ちなみに、治療方法ごとの費用は以下のような感じです。

※料金については、「5cm×5cm」のタトゥーを除去する際の料金になっています。当社独自の調査に基づく平均値です。
治療方法費用(総額)
レーザー(ピコ)2~10万円
切除10~20万円
削皮20~40万円
植皮30~50万円
クリーム1つで5000円

 

おわりに

最後に、この記事の内容をまとめます。

■タトゥーを一時的にでも隠したいなら

➔ファンデーションテープ(肌かくしーと)がおすすめ。ネットで買って貼ればいいだけでカンタン。

 

■タトゥーを消したい、除去したいなら

➔美容クリニックに行きましょう。今はどこも無料カウンセリングを行っているので、気軽に相談しに行けるのでオススメです。

 

参考:

タトゥー除去のレーザー治療体験レビュー!実際の痛み・費用は?(画像23枚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です